【特集】How to Dig!? Part2【より良くDigるための7つの方法】


「皆様、最近音楽Digってますか?」

って事で前回から4か月くらい空いてしまったのですが、「第2回いつですか!?」って話をたまに頂くので、始めたいと思います。
前回の復習は下記よりお願い致します。


Part1【Youtube編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-593.html

さて、第2回は自宅を飛び出して、数ある中古CD屋の中でも「ブックオフでのDigり方」についてまとめて参ります。

「本を売るならブックオフ~♪」というフレーズは耳にした事がある方も多いと思いますが、
中古CDについても、ブックオフは宝の山である事が多いです。いや、本当宝の山なんですよ。
学生当時欲しかったCDがゴロゴロ流れています。今こそブックオフに目を向けるべきです。
何より、ローリスクでジャケ買いが面白く新しい音源と出会えるチャンスです。
ポイントを押さえておけば、高確率で当たりのCDを購入できます。





学生の頃、田舎過ぎるし金も無いのでブックオフに通い、色んな音源を回収していました。
当たり前の事ばかりですが、その経験は今も役に立っていると思います。
それでは、ブックオフ攻略のポイントについて述べて参ります。


①欲しいCDのジャケを頭に入れておく
まず、お店を攻める前に、日頃から欲しいCDのジャケを頭に入れておきます。
毎日レビューサイト等見ていれば、自然と頭に入っていると思います。
すると、自分の好みのジャケのパターンがわかってきます。
これが非常に大事で、ジャケ買いのポイントになります。
例えば、デスメタル関係は非常に簡単で残虐なジャケは大体買いです。
わかりやすいですね。

②280円コーナを狙え
まず、何よりも先に280円コーナです。
最近は500円コーナもありますし、店舗によって様々ありますが、バランスの良い280円を攻めましょう。
例えば、洋楽コーナのAならAの欄をしっかり眺めます。
もし、あなたの好みのバンドのCDが何枚かある様であれば、この店はしっかり攻める価値がありそうです。
何故なら、経験的に同じ人が大量に売る事が多いからです。
他のコーナもしっかりチェックしましょう。
ピンと来ない場合は、さらーっと眺めていきましょう。
280円コーナを眺めた後、500円コーナを見ると品ぞろえが半端なく良く見えますwもはや、魔法ですね。

③ジャケをすべてチェック
時間との兼ね合いがありますが、CDの側面を見ただけではわからない事が多く、やはりジャケを見て確認したい所です。
当たり店舗だと確信した場合は、CDを取り出してジャケをすべて確認するのが理想です。
その中で気になったモノは全部回収しましょう。
時間に余裕があれば、過去6時間くらいチェックした事もあります。
今では体力が持ちませんが...

④"PARENTAL ADVISORY EXPLICIT CONTENT"マークをチェック

a.png

ジャケでよく見るこのマークですが、
「不適切な歌詞がありますのでご注意願います」というマークで高確率で悪い音楽なのは間違いないです。
ミクスチャーをdigる時には一つの目印になりますが、よく純粋なHip-Hopと間違えてしまい、欲しいモノと違った...なんて事も...

⑤裏ジャケから情報を引き出そう
気になるジャケを発見した後は、裏ジャケを確認しましょう。
レーベル、アー写、曲のタイトル、リリース年から想像出来る事が多いです。
自分の求めてるバンドとマッチングした場合、ほぼ購入して間違いないでしょう。

※個人的な禁手
バンド名とタイトルを検索する。YouTubeで聞けば全部わかってしまいます。
これは、ジャケ買いにおいては全く楽しみがなくなるので個人的には禁手としています。つまらないでしょw

※過去のトラブル
①上を見過ぎて貧血で倒れた
  ⇒高さのあるCDラックには要注意。熱中しすぎないようにしましょう。
②尿意
⇒ブックオフ行くと尿意を催しますよね、これは"青木まり子現象"と呼ばれ、考察されています。
   長期戦になりそうな場合は、トイレは済ませておきましょう。
③閉店時間に注意
  ⇒通常、閉店前にはホタルノヒカリが店内に流れますが、熱中しすぎて聞こえず、
   ずっとDigって店員さんご迷惑をかけた事がありました。閉店時間には気を付けましょう。

これ良いよ!って間違いないモノをオススメしてくれる別畑の専門家と、
ブックオフ巡りやってみたいんですが、なかなか実現しません...

当たり前の事ばかりですが、一度まとめて後で自分で見返してみようと思います。
良いブックオフライフを!

Stay Dig! Stay Bookoff!

非公開コメント

プロフィール

やんち@Justice For Reason

Author:やんち@Justice For Reason
京都発叙情派社畜コア"Justice For Reason"の叫んでる人

叙情、Djent、Progressiveな音楽を好みます
ロシア、オーストラリア産のバンド推してます

Twitter:@Yanchi_JFR
Justice For Reason
CD Shopはこちらから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
フリーエリア