FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hello! こんにちは! Xin chào!

日頃から音楽掘ってるアジアのDigger達の2017年ベストアルバムをインタビューしております。
音源の掘り忘れや新しい音楽と出会いになれば幸いです。

Part.1 Yul(From South Korea)
・Part.2 Matt(Form China)

【Introduce】
20953698_10156640414874126_116251496088661750_n.jpg

第3回はベトナムからプログレッシブメタルコアWINDRUNNERのギタリスト/叙情ハードコアProportionsのボーカル"Trung"が登場します。
彼の出会いは台湾のフェスの後にバーでお互いHundredthのマーチ着てた事から、叙情バンドの話で盛り上がり、それがきっかけで仲良くなりました。
さて、彼のバンドをチェックしましょう!

・WINDRUNNER

ベトナム発プログレッシブメタルコア"WINDRUNNER"
珍しい女性ボーカルのプログレッシブメタルコアでアンビエント成分を含んだ浮遊感のある楽曲が特徴。
ベトナム最先端のサウンドをチェック!現在、新譜製作中との事で動向に目が離せません。

【Intterview】
Q. 2017年のあなたのベスト3はどのアルバムですか?
Q. What is your best 3 albums of 2017?

1. Kadinja - Ascendancy
a0967064848_10.jpg



マジで洗練されたプログレッシブメタルコアサウンドだね。
楽器隊は複雑でメロディアス。
ヴォーカルはユニークで、同じスタイルの他のバンドとはかけ離れてるね。

Really refined progressive metalcore sound.
Intricate and melodic instrumentals.
Vocals is unique and sets the band apart from other bands of same style.

2. Alazka - Phoenix
Alazka_Cover.jpg



チルには合う曲だな。
彼らは改名後にユニークなサウンドを維持したけど、少しソフトになったよね。
だけど、新しいクリーンなボーカリストの声に本当によく合ってるね。
超メロディックでエモい曲だよね。

Good music to chill to.
They maintained their unique sound after the name change, although a bit softer but the music fits really well with the new clean vocalist's voice.
Still very melodic and emotional songs.

3. Counterparts - You're Not You Anymore
255117.jpg



今までのCounterpartsの中でもベストのアルバムだ。
特徴的な音はそのままで過去リリース作品のすべての要素を組み合わせているよね。
2ndアルバム"The Difference Between Hell and Home"を思い起こさせるが、それよりもはるかに良い。

Best Counterparts album to date, still their signature sound but combined all of the best elements of past releases.
Reminds me of The Difference Between Hell and Home but much better.


そして、"Kaonashi"もチェックしてくれ。
"You'll Understand When You're Older"って曲マジで凄くて面白い曲だから。

Also check out Kaonashi
You'll Understand When You're Older, really amazing and interesting song.

・Kaonashi


Q. 日本の皆に一言お願いします
A. ベトナムのシーンは若いけど、急速に成長してて、たくさん新しい良いバンドがいるんだ。
キッズは本当に熱狂的で情熱的だから、日本のバンドは来ると楽しい時間を過ごせると思うよ!
俺のバンド"WINDRUNNER"については、2018年にリリース予定のフルアルバムをほぼ完成させているよ。
チェックしてくれよな!ハハハ!

Q. Could you say a few words for Japanese people?
A.The Vietnamese scene is young but growing quickly and there are many new good bands.
Kids are really enthusiastic and passionate so Japanese bands should come and have a good time!
About my band, we are almost done recording our full-length album to be released in 2018, look out for that haha!

【WINDRUNNER】
Facebook / Bandcamp

【Proportions】
Facebook / Bandcamp
スポンサーサイト
Hello! こんにちは! 你好!

前回に続き、日頃から音楽掘ってるアジアのDigger達の2017年ベストアルバムをインタビューしております。
音源の掘り忘れや新しい音楽と出会いになれば幸いです。

・Part.1 Yul(From South Korea)

【Introduce】
21032773_1940894722856149_1008405677314958326_n.jpg
第2回は中国出身/台湾在住でAn Empty Cityのギタリスト"Matt"が登場です。
彼はBABYMETALを愛し、最近のバンドには大体イイネが付いてるDig異常過ぎるオタク。
SBTWのBitoku先生とも彼はヤバいって話をちょっと前に対バンした時にしましたね...
彼との出会いは、たまたま台湾のCD屋でジャケ買いしたバンドのメンバーでお互いに同じ様なタイミングでお互いのバンドにイイネした事から交流が始まりました。
その後、台湾のフェスで実際に会って交流を深めた後、今年の年越しも一緒にライブハウスで過ごした仲です。
イイネが繋ぐフレンドシップってやつでしょうか?ふぅむ?
さて、彼のバンドをチェックしましょう!

・An Empty City

中国叙情/ポストハードコア"An Empty City"
ポストハードコアを軸に叙情/アンビエントの要素を注入し、バラエティに富んだ個性的な楽曲が特徴。
2017年初旬にリリースした1stフルアルバムはディストロでも取り扱ってましたが、好評でにすぐ売り切れました!

Q. 2017年のあなたのベスト3はどのアルバムですか?
Q. What is your best 3 albums of 2017?

1.August Burns Red - Phantom Anthem
71oGvBmDO0L_SL1200.jpg


耳に残るギターのリフ、壮大なギターソロ、ヘヴィなブレイクダウン、ブラストビートなどメタルコアのすべてを聴く事が出来るアルバムだね。
さらに、ABRはクラシックなメロディ、アンビエントサウンド、カントリーミュージックなどのメタルコアとの融合が本当に上手い。
本作は前作「Found In Far Away Places,」の様にグラミーのベストメタル・パフォーマンスにもノミネートされているんだ。
August Burns Redが本当に世界中のメタルコアバンドの最先端を歩いていると思うよ。
彼らは永年メタルコアをブレずにやり続けてるね。

You can hear everything about Metalcore in this album: unforgettable rhythm guitar riffs, magnificent guitar solos, heavy breakdowns, Blastbeats...
In addition, there are still many other things such as classical music melodies, ambient sounds and country music that ABR are really good at merging with metalcore music.
Like their previous album Found In Far Away Places, Phantom Anthem is nominated by Best Metal Performance of Grammy, again.
I think August Burns Red is truly walking ahead of all Metalcore bands in the world.
They keeps Metalcore music alive for many years.

2. Emmure - Look at Yourself
156094a.jpg



最近皆、普通のメタルコア/デスコアバンドに飽きてきているよね。
そう、ニューメタルリバイバルの時が来ているんだ。
ボーカル以外のバンドメンバーを変更した後、Emmureは独自の独特の音楽を追及し続け、エレクトロとヒップホップの要素をさらに追加して、より重くよりグルーヴィーにし上がってるね。
Nu-Metalとヘビィなメタルコアが好きなら、"Emmure"が最高のチョイスだよ。

People are getting bored of ordinary Metalcore/Deathcore bands these days.
That's why the generation of Nu-Metal revival is coming.
After changing most of band members, Emmure keeps playing their own unique music, making them much heavier and more groovy, adding more Electronic and Hip-Hop elements.
If you like Nu-Metal and heavy Metalcore, Emmure is your best choice.

3. Alpha Wolf - Mono
a2162375280_10.jpg



オーストラリアのAlpha Wolfは独自でユニークな音楽を演奏する別のバンドだ。
もし、君がテクニカルギターリフ、速いブラストビート、遅くて重いブレイクダウン、ピックスクイールを常に演奏するデスコアに飽きてるなら、 シンプルで重くグルーヴィーなもの探してみるといいよ。
いわゆる"Downtempo Deathcore"バンドとは異なり、Alpha WolfはNu-Metalを演奏してるんだ。
さっき述べたEmmureのように、こいつらはニューメタルリバイバルの中、チェックしないといけないバンドだね。

Alpha Wolf is another band playing their own unique music in Australia.
When you get bored with ordinary Deathcore that plays technical guitar riffs, fast blastbeats, slow heavy breakdowns and pig squeals all the time.You want to find something simple, heavy and groovy.
Unlike most so-called Downtempo Deathcore bands, Alpha Wolf plays something like Nu-Metal too.
Like Emmure I mentioned before, They are the band you must listen to with the incoming wave of Nu-Metal revival.

Q. 日本の皆に一言お願いします
A. 日本のオタク達に一言。中国では多くのヤバい新しいバンドが誕生しているよ。
中国の音楽ファンやバンドマンは世界中のバンドをチェックしているんだ。
いくつかの中国のヤバいバンドは、世界レベルの一流のバンドに追いついていると思う。
中国は新しいバンドを掘るのに良い場所だと思うよ。
最後に、君がメタルコア/叙情バンドが好きなら、俺のバンド"An Empty City"をチェックして欲しいな。

Q. Could you say a few words for Japanese people?
A. I want to tell Japanese digger that: More and more great new bands are born in China.
Chinese music fans and music players are digging more and more bands all over the world.
Some great Chinese bands are catching up with those first class bands in the world.
I think China is a new good place to dig. At last, please check my band An Empty City if you like Metalcore/Melodic Hardcore.

【An Empty City】
Facebook / Bandcamp
Hello! こんにちは! 안녕하세요!

前回、2017年のベスト10枚をピックアップしましたが...(Here is my best 10 albums)
新しい試みとして日頃から音楽掘ってるアジアのDigger達の2017年ベストアルバムをインタビューしました。
音源の掘り忘れや新しい音楽と出会いになれば幸いです。

【Introduce】
maxresdefault.jpg
第1回は韓国からEnd These Daysのボーカル/The Elite Fiveのギタリスト、ハイパーナイスガイ"Yul"の登場。

・End These Days

昨年は新譜もリリースし、来日も果たした韓国産次世代メタルコア。
Crystal LakeのRyo君をフィーチャーしたMVが話題となりました。

・The Elite Five

韓国/オーストラリア/南アフリカ/米国のグローバルデスコアプロジェクト。
ボーカルにはVulvodyniaのDuncan Bentley、ドラムにはex)Rings Of SaturnのIan Bakerと異常なラインナップが繰り出す間違いない破壊力を体感出来る。

【Interview】
Q. まずは自己紹介をお願いします。
A. こんにちわ!韓国のバンドEnd These Daysのボーカル/The Elite Fiveのギタリスト"Yul"です。
「Diggerが選んだ2017年のベスト3アルバム」の企画に選んでくれてありがとう。
君に選ばれた事を非常に光栄に思うよ!

Q. Could you introduce a little bit of yourself?
A. Hello, I'm Yul, the vocalist of End These Days and guitarist of The Elite Five from South Korea!
Thanks a lot to Yanchi for picking me up to choose my best 3 albums of 2017 for DIGGER's choice lol.
I'm very honoured to be picked by you Yanchi!


Q.2017年のあなたのベスト3はどのアルバムですか?
A.2017年のベスト3は...

Q. What is your best 3 albums of 2017?
A. Okay. My original best 3 of 2017 is...

1. Code Orange - Forever
1200x630bb.jpg




2. Counterparts - You're Not You Anymore
255117.jpg




3. Dying Fetus - Wrong One To Fuck With
wrongone_1500.jpg



A.うん!うん!うん!このピックアップは誰とも同じかもしれないって事をわかっているよ(笑)
ハハハ....君は"Diggerとしてのリスト"を楽しみにしていると思う。
正直、「お気に入りのアーティスト/アルバムは何ですか?」って私にとって最も難しい質問だよね。
でも、君の要求のために他のリストをピックアップしてみたよ(笑)
今回は、新しい3バンドのデビュー作を選んでみた!こちらです!

A.Yes! Yes! Yes! I know this list might be the same as everyone...lol
Ha ha ha..I guess Yanchi would look forward to Digger's list.
To be honest, "What is your favorite artist/album?" is the most hardest question for me.
But I tried to pick up my list for his request. Lol
So... this time, I chose 3 fresh new debut music to pick up mine.
Here it is!


1. Harmed - From Day One EP


このバンドはハンガリー/ブダペスト出身。
アルバムの全体的な雰囲気がマジで好き。
暗く、黒く、複雑さを彼らのリフと雰囲気から感じれる。
これ、マジでいいよ。

This band is from Budapest, Hungary.
I really like the overall vibe of the album.
I can feel dark, black and some complicated feeling on their riffage & atmosphere.
I love it so much!

2. Hollow Prophet - Hellhole EP


Slaughter To Prevail/Shadow Of Intent/Within Destruction/Acraniaのメンバーによるニュープロジェクト。
このプロジェクトアルバムは、上記のバンドと同じくらい、2017年の最高なデスコアの1つだね。
流行りのエクストリームなブラストビート、強烈なブレイクダウン、テクニカルリフなど"DEATHCORE"に必要な部分は、このプロジェクトに詰まってるね。

A new project with the members from Slaughter To Prevail, Shadow Of Intent, Within Destruction and Acrania.
This project album is one of the finest deathcore of the year as much as their original bands!
Every essential parts of DEATHCORE such as Extreme blast beats, bone-crush breakdown, technical riffs and etc are tonishly into this project.

3. Mensis - Life Is Nightmare EP


カリフォルニア州出身のMensisはクソヤバいね(笑)
こいつらの音楽は2step&Moshパートのオンパレードだ。
Knocked Loose/Mugshotのファンなら、間違いなくこのバンドを好きになると思うよ。

Mensis from California is just too enough to be fucked up. Lol
This music makes me feel 2Step & Mosh forever.
You will like it if you are a fan of Knocked Loose, Mugshot and something like them.

Thank you so much, Yul!
Please check his band's info again!

【End These Days】
Facebook / Twitter / Bandcamp

【The Elite Five】
Facebook / Bandcamp

第2回もお楽しみに...
明けましておめでとうございます。
2017年も終わりましたが、毎年恒例となってます今年の10枚をピックアップし紹介します。

【2016年編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-645.html
【2015年編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-574.html
【2014年編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-505.html
【2013年編】:EPベスト10:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
アルバムベスト10:http://romanticnobita.blogspot.jp/2014/01/justice-for-reason.html (RNR)

前(アルバム名)/後(バンド名)

1. Heartsick / Our Hollow,Our Home


イギリス産メロディックメタルコア"Our Hollow,Our Home"
ベタではありますが、メロディが素晴らしく、心を掴んで離さなかった捨て曲無しの文句無しの名盤。
バンドルセットで買ったマーチを1枚イギリスで無くしたっぽくて見つからないのが残念。


2. Noir / Novelists


フランス産プログレッシブメタルコア"Novelists"
前作も素晴らしい作品でしたが、今作はフランスらしいよりオシャレな路線へ移行。
Techfest 2016でライブ観ましたが、またライブが観たいバンドですね。


3. You're Not You Anymore / Counterparts


カナダ産叙情ハードコア"Counterparts"
初期のアグレッシブさが原点復帰しながらも、近年のサウンドも取り込んだカウパーの集大成とも言えるアルバム。
2017年のベストにあげる人も多かった様に感じました。来日も実現し、JFRも大阪場所に出演しました。
一方でHundredthはシューゲーザー路線への移行を行い、サウンドが明確に分かれた事も印象的でした。

・Hundredth


また、ボーカルのBrendanの別プロジェクト"END"は豪華メンツとCode Orange直系の暗黒サウンドで話題となりました。
個人的にはStructuresのワンパクドラマーが帰ってきた事が非常に嬉しかったですね。

・END



4. Sonder / Arkive


オージー産プログレッシブメタルコア"Arkive"
昨年のベストにも上げた同郷のIncentives直系でThe オージーとも言える浮遊サウンドがツボ。
結局、メロディックプログレッシブメタルコアサウンドが大好きなんだなと認識する1枚。


5. Maze / Windover


ベラルーシ産叙情ハードコア"Windover"
ディストロにも入荷していたのですが、ベラルーシのCounterpartsとも言えるバンドで1stの頃にインスパイアされ過ぎてて最高。
疾走感のある楽曲がたまりません。


6. Seasons / Dawnwatcher


ドイツ産叙情/ポストハードコア"Dawnwatcher"
同郷のVermillionやAlazkaを感じる浮遊ギターが特徴のニューカマー。
特に注目したいのはクリーンボーカルで1曲目の「Blossom」は感動を覚える程、突き抜けるハイトーンが美メロ。
視聴出来る所がないのが残念ですが、2017年聴きまくった名曲。


7. Kitsune / Stonehand


オージー産プログレッシブメタルコア。
メンバー全員"To Catch A Fox"の実質改名バンドでキツネのアルバムタイトルもそこから来てる様子。
ドラマーはVacant Homeにも所属。
ギターが終始ふわふわピロピロしてるとJesse Cash直系のクリーンボーカルがたまらない。叙情強化版Erraですね。


8. Look at Yourself / Emmure


アメリカ産バウンスヘヴィグルーブマシン"Emmure"
Glass Cloud/The Tony Danza Tapdance Extravaganzaのメンバーが加入した新体制でのリリース。
リリースペースの早いEmmureはサウンド的にも金太郎飴だと思われがちですが、個人的には本作は最高傑作。
Josh Travisの無駄使いと一部では言われてましたが、Danzaサウンドとのケミストリーは半端無いグルーブを産みました。
究極のダンスミュージックEmmureを再認識した1枚。来日も決まってます。現体制、どう考えても楽しみすぎる...


9. .False Awakening / Deference


イギリス産叙情メタルコア"Deference"
2017年で最も印象的だったMVはこのバンド。 #2017年エモ過ぎMV大賞ノミネート作品 正直、泣きかけました。
ギターの浮遊感とグッと来る所で入ってくるクリーンボーカルによって作られる壮大な世界観が全編通して展開。
感情の洪水、本当エモいです。エモ~い。ディストロでもかなり人気でした。


10. Naturae / Fragments


チリ産叙情プログレッシブメタルコア"Fragments"
ex)Misery SignalsのKarlそっくりの声質で最初本人かと勘違いする程。
クリーンも使い分け、終始浮遊していく展開は病みつきになりました。4曲目に「蜃気楼」という曲があるのもポイント高め。
今、実はチリが熱いんです。


番外編ではTrap HiphopやFuture Bassもハマりましたね。

・スカー藩主


・Snail's House


あなたのベストアルバムはどのバンドでしたか?

と... 実はこの企画もう少し続きます。

次回、アジアのDigスペシャリストによる2017年のベストアルバムを紹介。

Coming soon...
プロフィール

やんち@Justice For Reason

Author:やんち@Justice For Reason
京都発叙情派社畜コア"Justice For Reason"の叫んでる人

叙情、Djent、Progressiveな音楽を好みます
ロシア、オーストラリア産のバンド推してます

Twitter:@Yanchi_JFR
Justice For Reason
CD Shopはこちらから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。