上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましておめでとうございます。
2017年も終わりましたが、毎年恒例となってます今年の10枚をピックアップし紹介します。

【2016年編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-645.html
【2015年編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-574.html
【2014年編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-505.html
【2013年編】:EPベスト10:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
アルバムベスト10:http://romanticnobita.blogspot.jp/2014/01/justice-for-reason.html (RNR)

前(アルバム名)/後(バンド名)

1. Heartsick / Our Hollow,Our Home


イギリス産メロディックメタルコア"Our Hollow,Our Home"
ベタではありますが、メロディが素晴らしく、心を掴んで離さなかった捨て曲無しの文句無しの名盤。
バンドルセットで買ったマーチを1枚イギリスで無くしたっぽくて見つからないのが残念。


2. Noir / Novelists


フランス産プログレッシブメタルコア"Novelists"
前作も素晴らしい作品でしたが、今作はフランスらしいよりオシャレな路線へ移行。
Techfest 2016でライブ観ましたが、またライブが観たいバンドですね。


3. You're Not You Anymore / Counterparts


カナダ産叙情ハードコア"Counterparts"
初期のアグレッシブさが原点復帰しながらも、近年のサウンドも取り込んだカウパーの集大成とも言えるアルバム。
2017年のベストにあげる人も多かった様に感じました。来日も実現し、JFRも大阪場所に出演しました。
一方でHundredthはシューゲーザー路線への移行を行い、サウンドが明確に分かれた事も印象的でした。

・Hundredth


また、ボーカルのBrendanの別プロジェクト"END"は豪華メンツとCode Orange直系の暗黒サウンドで話題となりました。
個人的にはStructuresのワンパクドラマーが帰ってきた事が非常に嬉しかったですね。

・END



4. Sonder / Arkive


オージー産プログレッシブメタルコア"Arkive"
昨年のベストにも上げた同郷のIncentives直系でThe オージーとも言える浮遊サウンドがツボ。
結局、メロディックプログレッシブメタルコアサウンドが大好きなんだなと認識する1枚。


5. Maze / Windover


ベラルーシ産叙情ハードコア"Windover"
ディストロにも入荷していたのですが、ベラルーシのCounterpartsとも言えるバンドで1stの頃にインスパイアされ過ぎてて最高。
疾走感のある楽曲がたまりません。


6. Seasons / Dawnwatcher


ドイツ産叙情/ポストハードコア"Dawnwatcher"
同郷のVermillionやAlazkaを感じる浮遊ギターが特徴のニューカマー。
特に注目したいのはクリーンボーカルで1曲目の「Blossom」は感動を覚える程、突き抜けるハイトーンが美メロ。
視聴出来る所がないのが残念ですが、2017年聴きまくった名曲。


7. Kitsune / Stonehand


オージー産プログレッシブメタルコア。
メンバー全員"To Catch A Fox"の実質改名バンドでキツネのアルバムタイトルもそこから来てる様子。
ドラマーはVacant Homeにも所属。
ギターが終始ふわふわピロピロしてるとJesse Cash直系のクリーンボーカルがたまらない。叙情強化版Erraですね。


8. Look at Yourself / Emmure


アメリカ産バウンスヘヴィグルーブマシン"Emmure"
Glass Cloud/The Tony Danza Tapdance Extravaganzaのメンバーが加入した新体制でのリリース。
リリースペースの早いEmmureはサウンド的にも金太郎飴だと思われがちですが、個人的には本作は最高傑作。
Josh Travisの無駄使いと一部では言われてましたが、Danzaサウンドとのケミストリーは半端無いグルーブを産みました。
究極のダンスミュージックEmmureを再認識した1枚。来日も決まってます。現体制、どう考えても楽しみすぎる...


9. .False Awakening / Deference


イギリス産叙情メタルコア"Deference"
2017年で最も印象的だったMVはこのバンド。 #2017年エモ過ぎMV大賞ノミネート作品 正直、泣きかけました。
ギターの浮遊感とグッと来る所で入ってくるクリーンボーカルによって作られる壮大な世界観が全編通して展開。
感情の洪水、本当エモいです。エモ~い。ディストロでもかなり人気でした。


10. Naturae / Fragments


チリ産叙情プログレッシブメタルコア"Fragments"
ex)Misery SignalsのKarlそっくりの声質で最初本人かと勘違いする程。
クリーンも使い分け、終始浮遊していく展開は病みつきになりました。4曲目に「蜃気楼」という曲があるのもポイント高め。
今、実はチリが熱いんです。


番外編ではTrap HiphopやFuture Bassもハマりましたね。

・スカー藩主


・Snail's House


あなたのベストアルバムはどのバンドでしたか?

と... 実はこの企画もう少し続きます。

次回、アジアのDigスペシャリストによる2017年のベストアルバムを紹介。

Coming soon...
スポンサーサイト
明けましておめでとうございました。
もう2017年も1ヵ月終わってますが、毎年恒例となってます10枚的なまとめを今更してみますね。
去年の見ると、BDAのライブ行くぞー!って宣言してちゃんと言ってるので有言実行してましたね!

【2015年編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-574.html
【2014年編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-505.html
【2013年編】:EPベスト10:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
アルバムベスト10:http://romanticnobita.blogspot.jp/2014/01/justice-for-reason.html (RNR)

前(バンド名)/後(アルバム名)


1.Mayfield/Hollow Embrace


カナダの叙情ハードコア"Mayfield"圧倒的な美メロクリーンボーカル、胸を熱くさせるギターの展開、疾走感、ジャケット、そしてラスト曲の大合唱...含めて...100点。優勝でした。
2016年最も聞いたEPでノーベル叙情賞受賞作品と言っても良い作品。
近代叙情ハードコアバンドの中でも間違いなく名盤だと個人的には思います。
ディストロにも入荷してたのですが、公開から6分で完売して注目の高さが伺えました。
要望が多かったため、バンドと交渉して現在、オーダー中です!お楽しみに。


2.Incentives/Dusk


オーストラリアの叙情プログレッシブメタルコア"Incentives"
待ちに待ったEPがリリースされました!
2015年のMVで美し過ぎるクリーンを披露したドラムが脱退し、少し不安でしたが、そんな事吹きばしちゃう名盤。
全曲素晴らしいんですが、ラストのDuskって曲は感動で震えるくらいツボでしたね!


3.直惘(Once N For All)/Do Not Leave The Path/


中国のDjent/プログレッシブ"直惘(Once N For All)"
今や市民権を得て、飽和しつつもある"Djent"ですが、個人的には2016年最もイケてたのはこのバンドです。
来月にはPeripheryとの対バンも決まっており、日本のAbstractsとも一緒にライブをする様です。
アンビエント/メロディック要素もあり、大変センスを感じます。
レーベルと交渉してCDをディストロに入荷しておりますので、是非チェックを。
https://digxdigxdig.thebase.in/items/4847778


4.Moralist/Bitterness Lays In Wasted Time


UKの叙情"Moralist"
UKシーンの叙情シーンも盛り上がってましたね!中でもMoralistがお気に入りでした。
Seasons In Wreckage直系の疾走感、たまりませんね!


5.Capstan/Cultural Divide


アメリカの叙情ポップコア"Capstan"
夏に聴きたいバンドNo.1!今作はサザンロックの要素もあり、さらに夏感が増しましたね!
こういうバンド、あまり詳しくないのでもっと知りたいというのが正直な所。


6.LANDMVRKS/Hollow


フランスのプログレメタルコア"LANDMVRKS"
メロディックでNovelists好きな人にはたまらないかと。
2016年フランスで一番観たいバンドNovelistsを観たんで、次点はこのバンドですね!
このMVの女の子がまた可愛いんです、これが!


7.Seasons for Change/Timeless Collective


香港のエモロック"Seasons For Change"
圧倒的歌唱力と胸が熱くなるメロディで全曲覚えるくらいドハマりしたバンド。
プログレメタルコアを多く扱ってる"FAMINED RECORDS"とアジアバンドで初めて契約したのは色々な意味で驚きました。
台湾までライブ観に行ったのですが、かーなりライブ良かったです。
ライブ後、物販でCD買ったんですが、Voのけんた君は日本の血入ってる様で、日本語ペラペラだったのが驚きましたw
日本受け良いと思うので、知名度さえ出れば、盛り上がりそうなバンドだと思いますし、ポテンシャルは間違いなくあります。


8.The Great Line/Illuminature


アメリカの叙情"The Great Line"
浮遊感、疾走感、メロディがたまらない1枚。これもよく聞きました。
FB見ると全部ポスト削除しておりますが、つべのコメント見ると、戻ってくるよ!とあるものの動きが見えないのが残念。


9.ヤなことそっとミュート/8cm EP


東京のエモアイドル"ヤなことそっとミュート"
まず、名前が良いですね。そして、音源が良いアイドルはいい。
このアイドルは某現役ロックバンドの音源をカバーしているアイドルだったりします。
チートですね、チート。そりゃいいわけだ!しかし良いですw
私なんかはヤなミュが先でBACKDATE NOVEMBERを後でチェックしたタイプですがw


10Justice For Reason/.じんせい


京都の叙情派社畜コア"Justice For Reason"
手前味噌ではございますが、中の人のバンドもEPをリリースしました。
宜しければ、チェックしてあげて下さい。
ホームページもありますよ! http://justiceforreason.jp/


2017年も良いバンドに巡り合えます様に...

-完-

イントロ曲に1発目からガツンとかまされるとアガりますよね!
個人的にアガるイントロ曲をまとめてみたいと思います。
どの曲が世界一アガるのか!?


●Structures / At Last[t]



解散が本当に惜しまれるこのバンド。時間戻せるなら1stリリース時の頃のライブを見に行きたい
このイントロだけのライブでも1万円払えるくらい素晴らしい名曲だと思います

●Legend / Diagnosis:Doom



You Can't Stop ME! 御馴染みFTFDのChadさんのもう1つのバンド。
現在は改名してLGNDとなってますが、心がぴょんぴょんしますね

●UPON A BURNING BODY / Showtime



Welcome To The Family!
来日ライブで聞けたときはアガりましたね!今の路線はノーコメントです

「皆様、最近音楽Digってますか?」

って事で前回から4か月くらい空いてしまったのですが、「第2回いつですか!?」って話をたまに頂くので、始めたいと思います。
前回の復習は下記よりお願い致します。


Part1【Youtube編】:http://digxdigxdig.blog.fc2.com/blog-entry-593.html

さて、第2回は自宅を飛び出して、数ある中古CD屋の中でも「ブックオフでのDigり方」についてまとめて参ります。

「本を売るならブックオフ~♪」というフレーズは耳にした事がある方も多いと思いますが、
中古CDについても、ブックオフは宝の山である事が多いです。いや、本当宝の山なんですよ。
学生当時欲しかったCDがゴロゴロ流れています。今こそブックオフに目を向けるべきです。
何より、ローリスクでジャケ買いが面白く新しい音源と出会えるチャンスです。
ポイントを押さえておけば、高確率で当たりのCDを購入できます。





学生の頃、田舎過ぎるし金も無いのでブックオフに通い、色んな音源を回収していました。
当たり前の事ばかりですが、その経験は今も役に立っていると思います。
それでは、ブックオフ攻略のポイントについて述べて参ります。


①欲しいCDのジャケを頭に入れておく
まず、お店を攻める前に、日頃から欲しいCDのジャケを頭に入れておきます。
毎日レビューサイト等見ていれば、自然と頭に入っていると思います。
すると、自分の好みのジャケのパターンがわかってきます。
これが非常に大事で、ジャケ買いのポイントになります。
例えば、デスメタル関係は非常に簡単で残虐なジャケは大体買いです。
わかりやすいですね。

②280円コーナを狙え
まず、何よりも先に280円コーナです。
最近は500円コーナもありますし、店舗によって様々ありますが、バランスの良い280円を攻めましょう。
例えば、洋楽コーナのAならAの欄をしっかり眺めます。
もし、あなたの好みのバンドのCDが何枚かある様であれば、この店はしっかり攻める価値がありそうです。
何故なら、経験的に同じ人が大量に売る事が多いからです。
他のコーナもしっかりチェックしましょう。
ピンと来ない場合は、さらーっと眺めていきましょう。
280円コーナを眺めた後、500円コーナを見ると品ぞろえが半端なく良く見えますwもはや、魔法ですね。

③ジャケをすべてチェック
時間との兼ね合いがありますが、CDの側面を見ただけではわからない事が多く、やはりジャケを見て確認したい所です。
当たり店舗だと確信した場合は、CDを取り出してジャケをすべて確認するのが理想です。
その中で気になったモノは全部回収しましょう。
時間に余裕があれば、過去6時間くらいチェックした事もあります。
今では体力が持ちませんが...

④"PARENTAL ADVISORY EXPLICIT CONTENT"マークをチェック

a.png

ジャケでよく見るこのマークですが、
「不適切な歌詞がありますのでご注意願います」というマークで高確率で悪い音楽なのは間違いないです。
ミクスチャーをdigる時には一つの目印になりますが、よく純粋なHip-Hopと間違えてしまい、欲しいモノと違った...なんて事も...

⑤裏ジャケから情報を引き出そう
気になるジャケを発見した後は、裏ジャケを確認しましょう。
レーベル、アー写、曲のタイトル、リリース年から想像出来る事が多いです。
自分の求めてるバンドとマッチングした場合、ほぼ購入して間違いないでしょう。

※個人的な禁手
バンド名とタイトルを検索する。YouTubeで聞けば全部わかってしまいます。
これは、ジャケ買いにおいては全く楽しみがなくなるので個人的には禁手としています。つまらないでしょw

※過去のトラブル
①上を見過ぎて貧血で倒れた
  ⇒高さのあるCDラックには要注意。熱中しすぎないようにしましょう。
②尿意
⇒ブックオフ行くと尿意を催しますよね、これは"青木まり子現象"と呼ばれ、考察されています。
   長期戦になりそうな場合は、トイレは済ませておきましょう。
③閉店時間に注意
  ⇒通常、閉店前にはホタルノヒカリが店内に流れますが、熱中しすぎて聞こえず、
   ずっとDigって店員さんご迷惑をかけた事がありました。閉店時間には気を付けましょう。

これ良いよ!って間違いないモノをオススメしてくれる別畑の専門家と、
ブックオフ巡りやってみたいんですが、なかなか実現しません...

当たり前の事ばかりですが、一度まとめて後で自分で見返してみようと思います。
良いブックオフライフを!

Stay Dig! Stay Bookoff!

やぁ、皆!ポケモンGoやってるかい!?初代ポケモン世代としては、アガらずにいられないわけですが、
田舎故になかなか進まないですね。3日でまだレベル13です...うーん...

さて、Facebookを眺めてると、色んなバンドがドンドンポケモンGOに浸食されてて、チェックしているとなかなか興味深いです。
今日は、ポケモンGOに浸食されるバンド達を少し覗いてみましょう!

まずは、ポケモン大好きバンド代表Issuesですが、GOリリース前からポケモン愛は異常でしたね。狂ってる...


CDD_qvPW4AEJ-3P.png


1bd6912e.jpg


ライブではアメリカ版のポケモンOPをカバ―する事も有名ですね





いち早くポケモンGOあるあるをポストハードコアカバーしたのは、"Breakdown Bros"
Forever In Combatのメンバーと元メンバーがやってるプロジェクトですね
やったもん勝ちだわ~、ほんま~




さて、PokemonGoネタですが、ライブ告知のフライヤーに各地でなってますね
Chugcoreさんは早かったwあっさり導入!


Cn0NHJWVIAEZ0bw.jpg


オーストラリアのNu-Metalcore"Impaler"はしれっと解散する様で解散ライブの様ですが、このフライヤーでいいのか...
うーん...フリーピザにポケモンバトル...このライブ楽しそうだ...


CnoIOVKUAAE2PPs.jpg





さて、続いてはTシャツをいち早く作ったのはNTシティポップハードコア"Call it Home"だ!
やったもん勝ちですわ、優勝w

CoBqivTUIAASzFc.jpg





南アフリカ最強のスラミングデス"Vulvodynia"も便乗しました!センスあるなぁ...

13659190_1832364550325833_2745421933580060179_n.jpg



Sumerian Recのカビゴン in Da ピットでさようなら!

CnO5KUpUEAErH_k.jpg




皆もポケモンゲットだぜ!
プロフィール

やんち@Justice For Reason

Author:やんち@Justice For Reason
京都発叙情派社畜コア"Justice For Reason"の叫んでる人

叙情、Djent、Progressiveな音楽を好みます
ロシア、オーストラリア産のバンド推してます

Twitter:@Yanchi_JFR
Justice For Reason
CD Shopはこちらから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。