上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hello! こんにちは! Xin chào!

日頃から音楽掘ってるアジアのDigger達の2017年ベストアルバムをインタビューしております。
音源の掘り忘れや新しい音楽と出会いになれば幸いです。

Part.1 Yul(From South Korea)
・Part.2 Matt(Form China)

【Introduce】
20953698_10156640414874126_116251496088661750_n.jpg

第3回はベトナムからプログレッシブメタルコアWINDRUNNERのギタリスト/叙情ハードコアProportionsのボーカル"Trung"が登場します。
彼の出会いは台湾のフェスの後にバーでお互いHundredthのマーチ着てた事から、叙情バンドの話で盛り上がり、それがきっかけで仲良くなりました。
さて、彼のバンドをチェックしましょう!

・WINDRUNNER

ベトナム発プログレッシブメタルコア"WINDRUNNER"
珍しい女性ボーカルのプログレッシブメタルコアでアンビエント成分を含んだ浮遊感のある楽曲が特徴。
ベトナム最先端のサウンドをチェック!現在、新譜製作中との事で動向に目が離せません。

【Intterview】
Q. 2017年のあなたのベスト3はどのアルバムですか?
Q. What is your best 3 albums of 2017?

1. Kadinja - Ascendancy
a0967064848_10.jpg



マジで洗練されたプログレッシブメタルコアサウンドだね。
楽器隊は複雑でメロディアス。
ヴォーカルはユニークで、同じスタイルの他のバンドとはかけ離れてるね。

Really refined progressive metalcore sound.
Intricate and melodic instrumentals.
Vocals is unique and sets the band apart from other bands of same style.

2. Alazka - Phoenix
Alazka_Cover.jpg



チルには合う曲だな。
彼らは改名後にユニークなサウンドを維持したけど、少しソフトになったよね。
だけど、新しいクリーンなボーカリストの声に本当によく合ってるね。
超メロディックでエモい曲だよね。

Good music to chill to.
They maintained their unique sound after the name change, although a bit softer but the music fits really well with the new clean vocalist's voice.
Still very melodic and emotional songs.

3. Counterparts - You're Not You Anymore
255117.jpg



今までのCounterpartsの中でもベストのアルバムだ。
特徴的な音はそのままで過去リリース作品のすべての要素を組み合わせているよね。
2ndアルバム"The Difference Between Hell and Home"を思い起こさせるが、それよりもはるかに良い。

Best Counterparts album to date, still their signature sound but combined all of the best elements of past releases.
Reminds me of The Difference Between Hell and Home but much better.


そして、"Kaonashi"もチェックしてくれ。
"You'll Understand When You're Older"って曲マジで凄くて面白い曲だから。

Also check out Kaonashi
You'll Understand When You're Older, really amazing and interesting song.

・Kaonashi


Q. 日本の皆に一言お願いします
A. ベトナムのシーンは若いけど、急速に成長してて、たくさん新しい良いバンドがいるんだ。
キッズは本当に熱狂的で情熱的だから、日本のバンドは来ると楽しい時間を過ごせると思うよ!
俺のバンド"WINDRUNNER"については、2018年にリリース予定のフルアルバムをほぼ完成させているよ。
チェックしてくれよな!ハハハ!

Q. Could you say a few words for Japanese people?
A.The Vietnamese scene is young but growing quickly and there are many new good bands.
Kids are really enthusiastic and passionate so Japanese bands should come and have a good time!
About my band, we are almost done recording our full-length album to be released in 2018, look out for that haha!

【WINDRUNNER】
Facebook / Bandcamp

【Proportions】
Facebook / Bandcamp
スポンサーサイト
Hello! こんにちは! 你好!

前回に続き、日頃から音楽掘ってるアジアのDigger達の2017年ベストアルバムをインタビューしております。
音源の掘り忘れや新しい音楽と出会いになれば幸いです。

・Part.1 Yul(From South Korea)

【Introduce】
21032773_1940894722856149_1008405677314958326_n.jpg
第2回は中国出身/台湾在住でAn Empty Cityのギタリスト"Matt"が登場です。
彼はBABYMETALを愛し、最近のバンドには大体イイネが付いてるDig異常過ぎるオタク。
SBTWのBitoku先生とも彼はヤバいって話をちょっと前に対バンした時にしましたね...
彼との出会いは、たまたま台湾のCD屋でジャケ買いしたバンドのメンバーでお互いに同じ様なタイミングでお互いのバンドにイイネした事から交流が始まりました。
その後、台湾のフェスで実際に会って交流を深めた後、今年の年越しも一緒にライブハウスで過ごした仲です。
イイネが繋ぐフレンドシップってやつでしょうか?ふぅむ?
さて、彼のバンドをチェックしましょう!

・An Empty City

中国叙情/ポストハードコア"An Empty City"
ポストハードコアを軸に叙情/アンビエントの要素を注入し、バラエティに富んだ個性的な楽曲が特徴。
2017年初旬にリリースした1stフルアルバムはディストロでも取り扱ってましたが、好評でにすぐ売り切れました!

Q. 2017年のあなたのベスト3はどのアルバムですか?
Q. What is your best 3 albums of 2017?

1.August Burns Red - Phantom Anthem
71oGvBmDO0L_SL1200.jpg


耳に残るギターのリフ、壮大なギターソロ、ヘヴィなブレイクダウン、ブラストビートなどメタルコアのすべてを聴く事が出来るアルバムだね。
さらに、ABRはクラシックなメロディ、アンビエントサウンド、カントリーミュージックなどのメタルコアとの融合が本当に上手い。
本作は前作「Found In Far Away Places,」の様にグラミーのベストメタル・パフォーマンスにもノミネートされているんだ。
August Burns Redが本当に世界中のメタルコアバンドの最先端を歩いていると思うよ。
彼らは永年メタルコアをブレずにやり続けてるね。

You can hear everything about Metalcore in this album: unforgettable rhythm guitar riffs, magnificent guitar solos, heavy breakdowns, Blastbeats...
In addition, there are still many other things such as classical music melodies, ambient sounds and country music that ABR are really good at merging with metalcore music.
Like their previous album Found In Far Away Places, Phantom Anthem is nominated by Best Metal Performance of Grammy, again.
I think August Burns Red is truly walking ahead of all Metalcore bands in the world.
They keeps Metalcore music alive for many years.

2. Emmure - Look at Yourself
156094a.jpg



最近皆、普通のメタルコア/デスコアバンドに飽きてきているよね。
そう、ニューメタルリバイバルの時が来ているんだ。
ボーカル以外のバンドメンバーを変更した後、Emmureは独自の独特の音楽を追及し続け、エレクトロとヒップホップの要素をさらに追加して、より重くよりグルーヴィーにし上がってるね。
Nu-Metalとヘビィなメタルコアが好きなら、"Emmure"が最高のチョイスだよ。

People are getting bored of ordinary Metalcore/Deathcore bands these days.
That's why the generation of Nu-Metal revival is coming.
After changing most of band members, Emmure keeps playing their own unique music, making them much heavier and more groovy, adding more Electronic and Hip-Hop elements.
If you like Nu-Metal and heavy Metalcore, Emmure is your best choice.

3. Alpha Wolf - Mono
a2162375280_10.jpg



オーストラリアのAlpha Wolfは独自でユニークな音楽を演奏する別のバンドだ。
もし、君がテクニカルギターリフ、速いブラストビート、遅くて重いブレイクダウン、ピックスクイールを常に演奏するデスコアに飽きてるなら、 シンプルで重くグルーヴィーなもの探してみるといいよ。
いわゆる"Downtempo Deathcore"バンドとは異なり、Alpha WolfはNu-Metalを演奏してるんだ。
さっき述べたEmmureのように、こいつらはニューメタルリバイバルの中、チェックしないといけないバンドだね。

Alpha Wolf is another band playing their own unique music in Australia.
When you get bored with ordinary Deathcore that plays technical guitar riffs, fast blastbeats, slow heavy breakdowns and pig squeals all the time.You want to find something simple, heavy and groovy.
Unlike most so-called Downtempo Deathcore bands, Alpha Wolf plays something like Nu-Metal too.
Like Emmure I mentioned before, They are the band you must listen to with the incoming wave of Nu-Metal revival.

Q. 日本の皆に一言お願いします
A. 日本のオタク達に一言。中国では多くのヤバい新しいバンドが誕生しているよ。
中国の音楽ファンやバンドマンは世界中のバンドをチェックしているんだ。
いくつかの中国のヤバいバンドは、世界レベルの一流のバンドに追いついていると思う。
中国は新しいバンドを掘るのに良い場所だと思うよ。
最後に、君がメタルコア/叙情バンドが好きなら、俺のバンド"An Empty City"をチェックして欲しいな。

Q. Could you say a few words for Japanese people?
A. I want to tell Japanese digger that: More and more great new bands are born in China.
Chinese music fans and music players are digging more and more bands all over the world.
Some great Chinese bands are catching up with those first class bands in the world.
I think China is a new good place to dig. At last, please check my band An Empty City if you like Metalcore/Melodic Hardcore.

【An Empty City】
Facebook / Bandcamp
Hello! こんにちは! 안녕하세요!

前回、2017年のベスト10枚をピックアップしましたが...(Here is my best 10 albums)
新しい試みとして日頃から音楽掘ってるアジアのDigger達の2017年ベストアルバムをインタビューしました。
音源の掘り忘れや新しい音楽と出会いになれば幸いです。

【Introduce】
maxresdefault.jpg
第1回は韓国からEnd These Daysのボーカル/The Elite Fiveのギタリスト、ハイパーナイスガイ"Yul"の登場。

・End These Days

昨年は新譜もリリースし、来日も果たした韓国産次世代メタルコア。
Crystal LakeのRyo君をフィーチャーしたMVが話題となりました。

・The Elite Five

韓国/オーストラリア/南アフリカ/米国のグローバルデスコアプロジェクト。
ボーカルにはVulvodyniaのDuncan Bentley、ドラムにはex)Rings Of SaturnのIan Bakerと異常なラインナップが繰り出す間違いない破壊力を体感出来る。

【Interview】
Q. まずは自己紹介をお願いします。
A. こんにちわ!韓国のバンドEnd These Daysのボーカル/The Elite Fiveのギタリスト"Yul"です。
「Diggerが選んだ2017年のベスト3アルバム」の企画に選んでくれてありがとう。
君に選ばれた事を非常に光栄に思うよ!

Q. Could you introduce a little bit of yourself?
A. Hello, I'm Yul, the vocalist of End These Days and guitarist of The Elite Five from South Korea!
Thanks a lot to Yanchi for picking me up to choose my best 3 albums of 2017 for DIGGER's choice lol.
I'm very honoured to be picked by you Yanchi!


Q.2017年のあなたのベスト3はどのアルバムですか?
A.2017年のベスト3は...

Q. What is your best 3 albums of 2017?
A. Okay. My original best 3 of 2017 is...

1. Code Orange - Forever
1200x630bb.jpg




2. Counterparts - You're Not You Anymore
255117.jpg




3. Dying Fetus - Wrong One To Fuck With
wrongone_1500.jpg



A.うん!うん!うん!このピックアップは誰とも同じかもしれないって事をわかっているよ(笑)
ハハハ....君は"Diggerとしてのリスト"を楽しみにしていると思う。
正直、「お気に入りのアーティスト/アルバムは何ですか?」って私にとって最も難しい質問だよね。
でも、君の要求のために他のリストをピックアップしてみたよ(笑)
今回は、新しい3バンドのデビュー作を選んでみた!こちらです!

A.Yes! Yes! Yes! I know this list might be the same as everyone...lol
Ha ha ha..I guess Yanchi would look forward to Digger's list.
To be honest, "What is your favorite artist/album?" is the most hardest question for me.
But I tried to pick up my list for his request. Lol
So... this time, I chose 3 fresh new debut music to pick up mine.
Here it is!


1. Harmed - From Day One EP


このバンドはハンガリー/ブダペスト出身。
アルバムの全体的な雰囲気がマジで好き。
暗く、黒く、複雑さを彼らのリフと雰囲気から感じれる。
これ、マジでいいよ。

This band is from Budapest, Hungary.
I really like the overall vibe of the album.
I can feel dark, black and some complicated feeling on their riffage & atmosphere.
I love it so much!

2. Hollow Prophet - Hellhole EP


Slaughter To Prevail/Shadow Of Intent/Within Destruction/Acraniaのメンバーによるニュープロジェクト。
このプロジェクトアルバムは、上記のバンドと同じくらい、2017年の最高なデスコアの1つだね。
流行りのエクストリームなブラストビート、強烈なブレイクダウン、テクニカルリフなど"DEATHCORE"に必要な部分は、このプロジェクトに詰まってるね。

A new project with the members from Slaughter To Prevail, Shadow Of Intent, Within Destruction and Acrania.
This project album is one of the finest deathcore of the year as much as their original bands!
Every essential parts of DEATHCORE such as Extreme blast beats, bone-crush breakdown, technical riffs and etc are tonishly into this project.

3. Mensis - Life Is Nightmare EP


カリフォルニア州出身のMensisはクソヤバいね(笑)
こいつらの音楽は2step&Moshパートのオンパレードだ。
Knocked Loose/Mugshotのファンなら、間違いなくこのバンドを好きになると思うよ。

Mensis from California is just too enough to be fucked up. Lol
This music makes me feel 2Step & Mosh forever.
You will like it if you are a fan of Knocked Loose, Mugshot and something like them.

Thank you so much, Yul!
Please check his band's info again!

【End These Days】
Facebook / Twitter / Bandcamp

【The Elite Five】
Facebook / Bandcamp

第2回もお楽しみに...
こんばんわ!
久しぶりのインタビュ―シリーズVol.12は中国北京からの刺客、その名も"Hentai Maid(変態少女)"の登場です。

(*^ω^*)<メイド???メイドでバンドと言えば、日本が誇るBand-Maidがいるぽ!
(*^ω^*)<イギリスのHMVで何故か、Band-Maidはメタルコーナーに置いてあったぽ!



(*^ω^*)<このMV台湾で撮影されているぽ!このブログの中の人は趣味の海外メイド喫茶巡りで台湾全土のメイド喫茶ほぼ制覇したらしいっぽ!
先日、冷やかしで行った台南のメイドカラオケが居心地が良くて、7時間居た話はまぁ置いておいて...
脱線しましたが、まずはこちらのツイートをご覧下さい。



メイド服ではないけど、変態!かっこいいデスコアですね!
フルでチェックしましょう!



リズム隊が女性って所もポイントが高いですね!(メイド服なら最高なのに...!?)
中国は"サイバー万里の長城"所謂Great Firewallが張り巡らされている故にコンタクトが取りにくいのですが、今回、ギタリスト/コンポーザーのAndaさんにインタビューを実施しました。
バンド名の由来から中国のシーン、そしてGreat Firewallについても生の声を聴いてみました。

それではどうぞ。

【以下 ―:やんち A:Andaさん(From Hentai Maid)】
―こんにちは!まずは、Hentai Maidについて教えて下さい。
A:2015年にギタリスト2人で音楽を作りたいと思ってた所にボーカルと出会って結成したんだ。
お互いに良い関係で進めれていると思うけど、さらに良い曲を作るために勉強しているところだね。
現在、1st EPの制作に取り組んでいるよ。

―何故、バンド名を"Hentai Maid"と決めたのですか?
A:簡単な理由さ!うちのバンドには女の子がいるけど、彼女達はとってもHentaiなんだよ。ハハハ。女の子達が牛耳ってるんだよ。
―Hentai!最高!メイド服着て欲しいですね(切実)

―どのような音楽が影響を受けましたか?
A:最も影響を受けてるのはデスコアとプログレッシブメタルコアだね。
バンドで挙げれば、Betraying The Martyr/Whitechapel/Lamb of God/Born Of Osiris辺りかな?

・Betraying The Martyr


―中国の音楽シーンはどうですか?
A:中国には14億人以上の人が居るけど、新しいタイプの音楽を聴いたり、知り合う人って凄い少ないんだよね。
CDを購入して、ライブハウスに行く人ってのは殆ど居ないよ。
将来、このシーンが良い方向に変わる事を望んでいるんだ。

―中国でお勧めバンドを教えてください。
A:肆伍(Four Five)、堕天(Falling)は中国のメタル音楽を表現するのに十分なクオリティーを持っていると思うよ。
―堕天(Falling)のCDはうちのディストロでも扱ってますよ!とても良いです。
ライブ観るチャンスあったんですけど、キャンセルになっちゃいましたね。

・肆伍(Four Five)


・堕天(Falling)

*CDのお求めはこちらから

―"Great Firewall"についてどう感じていますか?
A:インターネットの問題は、中国では常に大きな問題だね。
若い世代はこれについて多くのことを話すけど、すでに多くの人々が慣れて来てる。
世界中からの知識/音楽を得て、直接影響を受けた私達にとってはそれは恐ろしい事だと思う。

―日本についてどのようなイメージを持っていますか?
A:日本はマジで美しい国で文化も人々も素晴らしいよね!
何もかも精密な日本人に感謝しているよ。

―日本のバンドについて知っていますか?
A:たくさん知ってるよ!例えば、The Gazette/Crossfaith/Fear, Loathing in Las Vega/Before my life fails...
挙げればきりがないけど、日本にはすげぇバンドがいっぱい居るよね!



―同じメイドと名前の付くバンドですが、"Band-Maid"についてはご存知ですか?
A:聞いた事無かったよ!でも、もっと彼女の音楽を聞きたいね!
―同じメイドバンドとして、対バンして欲しいですね!

―将来の計画を教えてください。
A:将来の計画はもっと良い音楽を頑張って届けたいと考えているよ!それはメタルばかりではないけどね!



―最後に日本の読者へメッセージをお願いします。
A:日本の皆に将来会える事を楽しみにしてるよ!
  SNSを準備したからチェックしてくれよな!

Facebook:https://www.facebook.com/HentaiMaid/
Twitter:https://twitter.com/HentaiMaidBand
Bandcamp(Support):https://hentaimaid.bandcamp.com/releases

―完―
こんばんわ!インタビュ―シリーズVol.11はセルビアのバンドです。
セルビアと言えば、Djentアイドル"Destiny Potato"やDavid Maxim Micicを産んだ街というイメージだけで、その他のバンドって正直あまり知りませんでした。
まずは、Djent界で世界一可愛と言えるセルビアの嫁の動画をご覧下さい。



あぁ脱線しましたが、本題へ。まずはこちらのツイートをご覧下さい。




日本の文化に影響を受け過ぎたラップコア”Senshi(戦士)”が登場

改めて、フルでチェックしましょう。



うむ。カッコいいね!日本が大好き過ぎるのが伝わってきます。
非常に興味深いこのバンドにコンタクトを取る前に、実は向こうから「紹介してくれてありがとう」という連絡が来まして、自然な流れでボーカルのAdamさんへのインタビューがスタートしました。
少し長いインタビューですが、お付き合い頂けると幸いです。

【以下 ―:やんち A:Adamさん(From Senshi)】

―単刀直入に聞きますが、どうして日本語や日本のカルチャーを取り入れているのですか?
A:私は2年前に日本に行ったんだけど、そこで私の人生は変わったんだよ。
そこでアニメマンガやビデオゲームといった日本の文化に夢中になったんだ。
何故なら、私はアニメーションやビデオゲームを作る仕事しているからね。
観光で日本に行った結果、日本へ恋しちゃったんだ。
日本の伝統や文化はすべて私にとって魅力的だね。

―そういう話を聞くと純粋に嬉しいですね。
A:バンドについては、私が作ったビデオゲームからスタートしたんだ。下の動画を見てくれ。
友人がサウンドトラックを作ったけど、それを"ナルトスタイル"にするように言ったんだ。



―ゲームのクオリティ高過ぎますね!
A:僕達は決してゲームを終わらせなかった。何故ならサウンドトラックがとても良かったんだ。
だから、いくつかのボーカルを録音してみた。
俺はレゲエ/ラガのボーカリストだったから、その組み合わせで"Senshi"という不思議なバンドが誕生したんだ。
これが俺のボーカルスタイルだよ!



―いくぜっ!なるほど!わかりました!
  お気に入りのアニメやゲームはありますか?
A:アニメはAkiraやドラゴンボールにマクロスかな?
ゲームはメタルスラッグだね(笑)
アニメもゲームもオールドスクールなのが殆どかな?
アニメは80年代のがベストだね!はは、俺は80年代のキッズさ!

―萌えアニメについてはどうですか?
A:萌え?お断りだね!俺はロボットアニメやサイバーパンクが好きさ!
たくさんアニメがある事を日本に行くまで知らなかったんだ。
日本に行った時の動画があるんだ、良かったら見てみてくれ。



―おぉ!トラックがクールですね!
  バンド名"Senshi"の由来はありますか?
A:最初はバンドには名前は無かったんだけど、最初の曲のタイトルはが"Musical Warriors"だった。
友達に「日本語でどのように言うんだ?」と聞いたら、「"戦士"」と回答して、それがクールに聞こえたんだね。
だから我々はその名前を使う事にしたんだ。俺達は音楽的な戦士だからね!我々は音楽と共に戦うんだ。
「音楽が無ければ人生は無意味」だと俺は思うね。

―なるほど、それが戦士の由来ですか。
  影響を受けた音楽はありますか?
A:戦士は「メタル」、「レゲエ」、「日本の伝統音楽」の3つの音楽ジャンルの融合だ。
―三味線の音クールですね。
A:三味線については、誰もした事が無かったユニークな組み合わせだと思ったんだ。
三味線はすごくクールだ。ロックギターとの融合が初めてなんじゃないかな?
でも、その組み合わせがどれほど良いか信じられなかったんだ。

17342010_10209279938137280_348901184_o.jpg

これは俺達のロゴだ。俺が作ったんだが、よく見てくれ。

・髑髏はメタル
・レゲエはドレッドヘアー
・日本の伝統音楽は侍の兜

3つの音楽ジャンルが融合されているロゴなんだよ。

―なるほど、凄い...考えられてますね。
 続いて、セルビアのミュージックシーンについて教えて下さい。
A:うーん、セルビアでは特にアンダーグラウンドで音楽シーンを作るのは難しいよ。
大きなシーンを持っていないんだ。メインストリームの音楽だけがトレンドなんだ。
でも、妥協せずに好きな事をやっていくよ。
だけど、音楽だけで生活は出来ないから、俺達は全員他の仕事をしているんだ。

―あ、俺のバンドと一緒ですね...
 日本のバンドについて知ってますか?
A:君のバンドJustice For Reasonはチェックしたよ!イケてるね!
あとは"マキシマムザホルモン"や"Crystal Lake"や"Fact"はよく知ってるよ。
日本で漫画と一緒にCDを買ったんだ。

―MVにもなってるMusical Warriorsで日本の"Ninety-U"さんとコラボレーションしてますが、どの様に決まったんですか?
A:この話は長くなるよ(笑)
俺は"part2style"という2人の日本人ミュージシャンに会ったんだ。彼らはレゲエのDJだ。
昔、登場するキャラクターが全員本当の音楽家というゲームを作ったんだけど、
part2styleにゲームのキャラクターになりたいかどうか尋ねたんだけど、その結果はこれだね(笑)



その後、彼らは毎年ヨーロッパツアーをしてるよ。
そこで、彼らはクロアチアの近くにいたので私はセルビアに連れて行ったんだ。
私はそのパーティーからこのクリップを作ったんだ



彼らの友人はそれを見て、Facebookで私を友達登録したんだ。
それが私とNinety-Uさんと知り合った方法で、彼とは直接会ったことがない。
しかし、彼は素晴らしいレゲエMCだ。
私はすぐに日本に行きたいんだ。すべての人々と直接会いたいよ。
実はあなたのツイートで多くの人が今、私達に連絡してくれてるんだ。すぐ会えるといいね。

―なるほど、大変興味深い話でしたね。私もお会いできる事を楽しみにしてますよ。
  セルビアのオススメバンドが居たら教えてくれませんか?
A:メタルかい(笑)?
俺のお気に入りのレゲエメタルは"EyesBurn"だけどもう解散してるんだよなぁ。
俺はこのバンドで育った様なもんだ(笑)
次の曲はここのボーカルをゲストに迎える予定だよ。

●EyesBurn



あと、うちのギターとドラムは"Sangre Eterna"というバンドに所属していたよ。
彼らはトゥルーメタラーだからね(笑)俺はヒップホップ/レゲエ/ドラム&ベース/ジャングルを聞くからね...
でも、年を取るにつれて、メタル/ハードコア/パンクも楽しめる様になってきたよ。

●Sangre Eterna


―これは良いメロデスですね!
  最後に日本の皆様へメッセージをお願いします。
A:本当に日本に行きたいと思っている。
日本は私にとって世界で最も存在が大きな国なんだ。私は本当にそう思うよ。
日本は私を驚かせる事の連続だ。
そして、私達が1日で日本から得た愛の大きさは計り知れないね。
こんな事が起きるとは思わなかったよ、ありがとう。

―こちらこそ、ありがとうございました。
A:是非、近い未来、コラボしようぜ!
―是非ッ!

―完―

【Senshi】
Facebook:https://www.facebook.com/senshitheband
プロフィール

やんち@Justice For Reason

Author:やんち@Justice For Reason
京都発叙情派社畜コア"Justice For Reason"の叫んでる人

叙情、Djent、Progressiveな音楽を好みます
ロシア、オーストラリア産のバンド推してます

Twitter:@Yanchi_JFR
Justice For Reason
CD Shopはこちらから

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。